2006年05月07日

卑怯者(ひきょうもん)の孫

久し振りに、実家の家族と会って、食事をしました。
なぜか、話題が死んだおじいちゃんの話になり、
それが、とても面白かったので、
ブログに書いときたいと思います。
まあ、うちのじいちゃんは、母方も父方も、
ずるかったという話なんですが。

まず、父方のじいちゃんが、
どうして、戦争に行って帰って来れたのかという話。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

映画"決闘高田の馬場"を見た!

"決闘高田の馬場"を、別名、"血煙高田の馬場"を見ました。
1937年の日本映画で、主演は、阪東妻三郎。
つまり、田村正和のお父さんですね。

"パルコ歌舞伎 決闘!高田馬場"が、(以下参照)
http://inzou.seesaa.net/article/14815706.html
この映画を下敷きにしているというので見たんですが、
すごく面白い映画でした。
時代劇なのでシリアスなものかと思ってたら、
香港映画もビックリのエンターテイメント。
で、構成もキャラクター設定も、
三谷幸喜のものと、ほとんど一緒で、
映画を忠実に歌舞伎として再現しながら、
キャラクターに三谷節を加えていったものが、
"パルコ歌舞伎"だったんだということがわかりました。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

ワークショップ2回目と最初のダメ出され

昨日は、2回目のワークショップがありました。
前回は、僕と同年代の役者がほとんどだったんですが、
今回は、30歳以上の役者さんに参加してもらいました。
で、ちょっと残念なことに、
僕は、前回のほうが面白かったです。

どちらかというと、演出から指示を待ってる感じで、
自分から面白いことをやってやろうというタイプでは、
なかったからなんですが、
いい、悪いではなく、好き、嫌いなのかもしれません。
というか、その人のいい部分を引き出すことをサボってる、
僕の怠慢なのかもしれない。演出って難しい。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

台本、第一稿があがった!

次回公演の台本、昨日、第一稿が上がりました。
こんなことで、喜んじゃいけないんですが、
久し振りに、稽古に入る前に、台本が上がったので、
正直、嬉しいです。そして、今までで一番面白い出来だと思います。
稽古初日、そして、公演本番まで、
練り上げていくのが楽しみでなりません。
本当に、期待しててください!

今回は、客演の方に、ちゃんと、
台本が完成した状態でオファーしたいと思っていたので、
(前回の客演の皆様、本当にすみませんでした。)
この時期に、台本が上がるのは、遅いくらいですし、
次次回公演が11月なので、その分の台本を、
もう、書き始めておきたいと思ってるところですが、
兎にも角にも、あがってよかった。

というわけで、更新日でもないのに、更新です。
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

緊張させないインタビュー

ゴールデンウィーク直前に、映像の仕事が2本入り、
その内の一つが昨日、撮影でした。
TBSの副社長に30分強のインタビューをし、
それを5分にまとめるという大きいんだが、小さいんだが、
よくわからない仕事です。

面白かったのが、
TBSの副社長でも、
自分が撮られる側に回ると、緊張するってこと。
カメラが回っている時と、回っていない時とで、
全然、表情が違いました。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

この味がいいね、スープ記念日

次の公演のためのワークショップを始めました。
第1回目の今回は、僕が小劇場を見て、
声をかけた役者さんも何人か来てくださり、
稽古場が、春の筍ごはんのようにフレッシュでした。

昨日は、たまたま一人で来る、
他劇団の方が多かったのですが、
一人で知らない人ばかりのところにポーンと入ってくるだけあって、
決して、有名な劇団ではない印象のワークショップで、
少しでも、何かつかんで帰ろうという意識の高さを、
感じました。おかげで、僕もいい緊張感で臨めました。

稽古場で、主にやったのは、海亀のスープです。
僕は、この論理ゲームは非常に演劇的だと思ってるからです。
(ネタバレになるので、海亀のスープを知らない人は読まないで!)

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

劇団印象ワークショップ、4/30に開催!

4月30日に、杉並区荻窪で、
劇団印象主催の演劇のワークショップをやります。
もし、このブログをご覧の方で、
参加してみたいという方がいたら、是非、ご連絡ください。
ただし、前回のテアトルフォンテのワークショップとは違い、
劇団印象の第6回公演のためのワークショップになります。

場所:西荻窪駅と荻窪駅の中間ぐらい
時間:18時〜21時くらいまで
連絡先:monkey@inzou.com(制作)


最近、観劇レビューが減っていることにお気づきの方も、
いらっしゃると思いますが、
実は、結構、たくさん芝居は見てて、
やっていた芝居を見て、声をかけた役者さんが、
何人か参加してくれるようです。
どこの劇団のどんな役者さんかは、当日のお楽しみということで。
ちなみに、中村勘三郎と市川染五郎は来ません。
ただし、未来の、勘三郎と染五郎クラスがいます。多分。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

澤田知子について

澤田知子という写真家がいるんですが、
みなさん、ご存知でしょうか?
この人の写真集はすごいです。
全部、写真家本人が写った、セルフポートレイト。

ID400-A.jpg

でっかい写真は、「ID400」という写真集から。
そのタイトルどおり、アイデンティティをテーマに、
そして、自分自身をモチーフに、写真を撮られ続ける彼女。

≪自分らしさ≫なんてくだらない!
そんなこと考える前に、
たくさん、たくさん、たくさん、
アホでバカでまぬけでいとおしい、
滑稽な自分を滑稽にさらし出せ!
そんな風に言われてる気がします!

ちなみにこっちの集合写真もすごいです。
http://www.e-sawa.com/

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

青空美人「怪力」に、運命という名のファンタジーを見る

吉祥寺シアター(東京・吉祥寺)は、
2005年5月21日にオープンした、新しい劇場である。
吉祥寺駅から徒歩6分の距離にあり、
外観内装ともに、いわゆる小劇場のアングラぽさのない、
清潔で整った印象の劇場だった。

舞台も、客席キャパ200人弱、相鉄本多劇場くらいの大きさだが、
間口はそこそこに、タッパと奥行きがやたらある。
なにせ、演劇専用の劇場だ。

ピアノを置けるスペースを確保して、
あとは全て客席という音楽用の劇場
(パルテノン多摩の小ホールみたいな)に比べ、
土地効率の優先順位を落とさないと、
演劇専用の劇場は建てられない。
この劇場の設計にはそうした志が感じられる。

さて、そこに知り合いの役者が出ているということで、
芝居を見に行った。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

裏舞台ファイル vol.1「見られること」

俳優という職業(ここではアマチュアも含んでおく)は、
人気商売である。人に見られてなんぼの仕事である。
最近、そのことを痛切に感じ始めた。
というのも、上のレベルの人、もしくは、
上のレベルを目指している人と付き合いができはじめたからである。

まず、うちのマネージャーがちょっと怒った一件について。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。