2006年06月07日

最所裕樹の外部出演いろいろ!

今日、電話で確認したところ、
おそらく、6/16(金)にオンエアの未来創造堂、
最所裕樹の出番が、結構、多いみたいです!
また、近くなったら、アナウンスしますが、
期待していてください!

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 印象のNEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

インタビューというものをされる。

昨日、稽古前に、インタビューというものを受けた。
インタビューをする方の経験は結構あるが、
される方は、ほとんどない。ほぼ、初インタビューだ。
60分も話したけれども、文字になるのは、
だいぶ、圧縮されたものなんだろうね。
あのインタビューの中で、どこが残り、どこが消されるのか、
そこが個人的に楽しみである。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

白い巨塔と僕の余命

だいぶ、ブームに乗れてないのですが、
最近、フジテレビのドラマ「白い巨塔」を、
TSUTAYAで借りて、ずっと見ていました。
今さっき、最終回を見終わりました。
打ちのめされたなあ。

(ネタバレになるので、見てない人は読まないでください。)

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 17:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

本城直季について

金曜日に、坂口と話したんだけど、
本城直季という写真家の、「small planet」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4898151728/503-3188150-3760751?v=glance&n=465392
という、写真集は面白い。と思ったら、
巻末にコメントを寄せてるのが、佐藤雅彦じゃん!

honjyou.jpg

で、彼のこと調べようと、グーグって、
一番最初に出てきたページのインタビュアーが、刀田聡子じゃん!
http://www.tokyo-source.com/japanese/archives/2005/09/012.html

世の中、狭すぎるよ。
posted by 鈴木厚人 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

26歳、誕生日おめでとう、俺。

26歳になってしまいました!
年齢というのは、いつからなってしまうものなのか、
きっと、26歳からだと思います。

30歳になってしまいました!
50歳になってしまいました!
80歳になってしまいました!
死体になってしまいました!

なってしまうことの怖さは、
何もしなくても、なってしまえるということです。
なってしまってから気づくのじゃ遅いのです。

今年は、野心の炎をたぎらします。
26歳になってやります。
なってしまった26歳をかなぐり捨て、
なってやる26歳を目指します。
posted by 鈴木厚人 at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

友霊・チラシ裏面の文章をアップ!

チラシ表
yurei-omote.gif


チラシ裏

記憶ほど不確かなものはない。
今日噛んだガムの味なんかすぐ忘れるし、
昨日飲んだ緑茶の香りがどんなだったか、覚えてる人は少ない。
いつか見た映画、聞いた音楽、撫でた女の子の髪、
五日と言わず、三日で忘れていく。

そんな忘れぽっさを補うために、僕らは、パチッと写真に撮る。
プリクラ、デジカメ、写メール。
ちょっとした思い出も、「名前をつけて保存」する。
記録が記憶を補完する。テクノロジーの進歩だ。

でもね、と思う。
もし、写真に撮られず、だから、記録に残されず、
データにも保存されない思い出があった時、
それは、どうなるのだろう?

たとえば、親友が死んだら、
その親友が、大の写真嫌いで、生前の写真が一枚もなかったら、
僕らはその顔を忘れないでいられるだろうか?

数年前に交通事故で死んだ、さびしがりやの青年が、
幽霊になって戻ってくる。
青年の家族、恋人、友人は、彼のことを今でも大切に思ってるのに、
誰も彼の顔だけは覚えてない。
彼の身長、体重、スリーサイズは覚えてるのに、
顔だけは覚えてない。
そんな、悲しい喜劇を書いてみた。
posted by 鈴木厚人 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 印象のNEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

友霊日記 その3(才能とは継続できる情熱である)

将棋の羽生善治の本を読んでいたら、こんな言葉がありました。

才能とは、継続できる情熱である。

いい言葉だと思いました。


今日、やっと「友霊」のチラシができあがり、
早速、一発目の折り込みをやってきました。
今回、刷った枚数は、15,000部です。
わずか、15,000部ですが、
今まで劇団印象を知らなかった人が、
「あれ、このチラシいいぞ」と、
手にとってもらえるような仕上がりだと自負しております。

いい芝居を観てもらうために、いいチラシを作りました。
みなさん、7月に新宿・タイニイアリスで会いましょう。
posted by 鈴木厚人 at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

友霊日記 その2(チケット予約開始!)

第6回公演「友霊」のチケット予約を開始しました!
こちらから、どうぞ。
http://www.inzou.com/ticket/

5月中(あと、一週間しかない!)にお申し込みの方には、
加藤慎吾グッズのプレゼントを考えています。まじで。
どんどん、ご予約、よろしくお願いします!

例えば、ブロマイドとか。extra05ks.jpg
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

友霊日記 その1

6月の予定をチェックしようと、
久し振りに手帳を見ると、5月に入ってから、
何もメモを取っていない、白紙の日がたくさんあった。
白紙ということは、ネタになりそうなものを、
何も感じてない日ということだ。
感じてたとしても、メモってない日ということだ。
ああ、ちょっとショック!
posted by 鈴木厚人 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

白夜の女騎士・なぜ、人は飛ばねばならぬのか?

作・野田秀樹、演出・蜷川幸雄の、
「白夜の女騎士(ワルキューレ)」を見たので、
感想を書いておく。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。