2005年03月21日

アームレングスと今僕らが学ぶべきこと

アームレングスという言葉が好きである。
もし英語がそこそこできる人がこれを読んでいたら、
教えてもらいたいのだが、アームレングス(arm length)
という言葉は実際にあるのだろうか?
それも、「手の届く範囲」という意味での使われ方で。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

生きているのは健康に悪い

風邪を引き、そして、吐いた。
ブルーレットの青い液体が溜まった便器に向けて、
勢いよく、腹痛の原因を吐き出す。
久し振りの快感、以前に嘔吐を経験したのは、
2003年の3月30日だったように思う。
約2年振りの快感に私は文字通り、身震いがした。
同時に、大人になったものだとも思った。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

セクハラ的発言を吟味する。

最近、女友達との会話の中にセクハラに対する悩みが、
とても増えてきたように思う。
「私、最近セクハラにあった」とか、
「セクハラのせいで会社に行くのが憂鬱だ」とか、
そういう話を複数の友人から聞く。

面白いことに、
なんて言ったら、不謹慎なのだが、
このセクハラ被害には、一つの傾向があって、
それは、セクハラというのが、ある日突然始まるものだということなのだ。
詳しく話を聞くと、つまり、こういうことのようである。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(1) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

酒の一滴、血の一滴。

アルバイト先の店長が辞めることになった。
私の台本を買ってくれた、あの店長である。
どういうわけかとても気が合った。
もちろん、芝居も観に来てくれた。

辞めるに際して、
本来なら私のほうが何かプレゼントを贈るべきなのだろうが、
(だって、いろいろお世話になったのはこっちなので、)
なぜか、もらってしまった。彼が使っていたソムリエナイフを。
こんなにもらって嬉しかったプレゼントは久し振りだ。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

ライブドアと見る、新しい世の中のカタチ

テレビをほとんど見ないし、
新聞もあまり読まないから、
世の中に乗り遅れることがしばしばあるのだが、
ライブドアのニッポン放送買収問題には、
足りないものがある気がしてならない。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 11:15| Comment(1) | TrackBack(1) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

慶應義塾大学SFC卒業制作展 2005

母校の卒業制作展へ行ってきた。

"卒業制作"というのは、簡単に言ってしまえば、卒業論文のことである。
というのは、慶応の湘南藤沢キャンパスでは、
論文という形でなくても、申請し、評価がもらえれば、単位が認定される。
例えば、映像制作が自分の専門であれば、
5分のショートフィルムを卒業制作として、出すことができる。
"卒業制作展"というのは、そういう卒業制作を一同に集めた、
エキシビジョン(展示)であり、論文という形ではなく、
自分自身の大学時代の集大成を発表できるという意味では、
SFC生の卒業生にとっては画期的な発表の場であった。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

つぶやき日記 その3

疲れがピークに。
劇場との打ち合わせの後、ひたすらボーっとする。
そういえば、ライターとしての初仕事のギャラが入る。
どうってことのない仕事だったけど、
何か書いて食えるようになれたら、やっぱり幸せだと思う。
posted by 鈴木厚人 at 02:07| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

つぶやき日記 その2

いい感じに仕上がってきた。
何より、稽古場に人がたくさん来るのがいい。
でも、もっと、自分を追い込もう。
緊張せよ。上を目指せ。
posted by 鈴木厚人 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

つぶやき日記 その1

バイト先の店長が、台本を読ましてと言うので渡したら、
次のバイトの日に、面白かったからと1000円をくれた。
調理場の料理長も読んだらしく、500円をくれた。
こういうことの積み重ねだよな、と思った。
posted by 鈴木厚人 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

個人的なものは普遍的足りえないのか?

連日、「幸服」の稽古は続いている。
稽古が順調か?と言えば、順調ではない。
山あり谷ありである。やはり、集団ならではの不安定さがある。
人間だから、その日その日の体調の変化が、
微妙に稽古場の雰囲気に影響する。
先日は、写真撮影の方がいらっしゃって、役者ではなく俺が緊張してしまった。
見知らぬ人に見られる緊張感に平静さを失う自分。未熟さを痛感する。
だが、そういうことも含めて、お芝居というのは面白い。

さて今日は、"個人的なものは普遍的足りえないのか?"について、
自分の恋愛経験をもとに、ちょっと考えてみる。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

水の噺

ええ、小耳というよりも寝耳なんですがね、
えっ、寝耳に水だって?ははは、そうなんです。
水の話、だから、ちょっと聞いてごらんなさいって。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

将来の首相候補のNHK介入から、言葉と品性を考える

若くて、カッコよくて、リーダーシップもありそうな人間が、
根っこを見ると、独裁者のような奴だったりする。だから怖い。
僕らは、往々にして、セクシーさをリーダー(政治家など)に求める。
自民党の安倍晋三なんか、その典型だ。
育ちも顔もよい政治家は、有権者にウケもよい。
でも、つい先日、朝日新聞がスクープした、NHK介入問題って、
これってすごくないか?

NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘
http://www.asahi.com/national/update/0112/006.html

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 01:16| Comment(16) | TrackBack(3) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

"みまらむ"さんのコメントにもう一度答える。

今日たまたまこのblogを読んでくれている方にお会いして、

面白く読んでいるけれども、
以前、"みまらむ"さんのコメントの回答として、
「絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界」
というエントリーを書いていたけども、
"みまらむ"さんが求めていた回答じゃないんじゃないか、

という意見を言われました。
ゆえに、もう一度、そのことを考えてみようと思います。
以下、"みまらむ"さんのコメントを再掲載。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 01:49| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

美しい女性は宝石を服の下に隠すと言うが本当か?

「幸服」の台本を書いていた12月のある日、
外部のスタッフさんと会う機会があって、
仕事の話をしながら、ちょっとした雑談をした。
気がつくと、普段よくしていたピアスをしていなかったので、
今日はピアスしてないんですか?と聞くと、
あれはピアスではなくイヤリングだと言う。
お洒落なデザインだったので、
なんとなくピアスなのだと勘違いしていたのだ。

私は、ピアスもしないし、アクセサリーもほとんどつけない。
だが、脚本家的には、女性の心理もわかっておく必要がある。
というわけで、
アクセサリーとかよくつけるんですか?と聞くと、
面白い答えが返ってきた。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

時間について考えてたら、糸井重里の言葉を見つけた。

最近ずっと時間について考えている。
ああ、いろんな人の時間をもらって、
俺は芝居できてるんだなあって、
そういうことなんだけど、

で、パソコンの中の過去のアーカイブを整理してたら、
こんな糸井重里の言葉を見つけた。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(2) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

大晦日に雪は降り、2か月後のバレンタインデーを想う。

大晦日に雪が降ってきた。
しんしんと雪が降ってきた。
バイトのことを考えると鬱になり、
芝居の準備をし始めると躁になる。
なぜって今日は大晦日、一年の終わりなのである。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

邪なる忘年会幹事の、華麗なる陰謀!

師走のクソ忙しい季節に、
大学時代の同期との忘年会を企画した。
私が幹事である。同居人にそそのかされた。
「幹事やったりすれば2月の公演の宣伝できるじゃん!」
騙された。甘かった。私に幹事は向いてない。
しかし、宣伝のためである。
かくして、幹事という大役!に邪なる心で臨んだ。

が、一つ忘れていた。私はNEETなのだった!

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その3

復習
絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その1
絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その2

腹は飢えないけれども、心が飢えてしまう絶望、
物はあふれているが、何を選んでいいかわからない絶望、
また、自分で選んだと思っていても、選ばされているに過ぎない絶望、
それらが「消費社会の絶望」以前(過渡期)の観念であることを、
前回で述べた。

では、さらに進んで、
「もう既に絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界」
とは何なのか?それを考えてみたい。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その2

前回の復習
絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その1

「消費社会の絶望」以前の物語の結論は、
「都会より田舎、エゴい夢よりも大切で温かいもの」という図式になります。
つまり、消費社会と非消費社会の対比を、都会と田舎の対立軸で展開します。
私は、これを「木綿のハンカチーフ」モチーフと言っています。
「木綿のハンカチーフ」が、1975年の歌であることを考えると、
「消費社会の絶望」以前の物語の結論、というよりも、むしろ、
「消費社会」以前の物語の結論、ということになるでしょうか。
だから、私が書いた「鴉姫」の結論は、
約20年遅れの物語の結論であったということになってしまいますね。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

絶望の中に生まれ育ってしまった者が、その先に見る視界 その1

バイトの仕事をしていたら、
(私は、居酒屋以外にも複数のバイトをかけもちしてます)
頭が冴えて、眠れなくなってしまったので、
"みまらむ"さんの質問の答えを、24日以後に書くと言いましたが、
今夜、その1を書いてしまおうと思います。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 03:19| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。