2005年10月19日

観客を1000人集めるためにすべきこと その3(割引き篇)

電車男・映画版で、藤沢市の映画館が、
オタク割というのをやっていたのは、面白かったです。
映画館に入る前に、「僕、オタクなんですけど・・・」
とか言って入ると、チケット代が1000円になったとか。
そんなわけで、様々な、割引を考えてみました。

リンク割り・・・ブログ等で公演情報のリンクを貼っていただいたら割引
身外割り・・・関係者に誰も知人がいない人割引
早割り・・・公演一ヶ月前までにご予約いただいた人割引

おか割り・・・リピーター割引
体育座割り・・・桟敷席特別割引

つ割り・・・妊婦割引
ふ割り・・・いい匂いのするセーターをおめしの人割引
水割り・・・雨の日に傘もささず走ってきた人割引
お湯割り・・・役者に差し入れとしてカップラーメンをいただいたら割引

こだ割り・・・割引ではなく+500円でGOODな席をご予約しますわサービス
身代割り・・・当日来れなくなったお客様の代わりに来た人割引
いつ割り・・・マスクとサングラスをしてきた人割引

いろいろ考えましたが、
チケット代というのは、劇団の価値そのものです。
割引きは価値の目減りでもあるわけで、
1500円で安い!と思わせる芝居をしていくことが大切なんだと思い直し、
安易なモノはやるべきではないと考えてます。
posted by 鈴木厚人 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。