2004年09月29日

マンガ家のキャリアパス

2003年の11月から、2004年の1月にかけて、
経済産業省が、マンガのキャリアパスに関するアンケートを行っている。

http://www.meti.go.jp/policy/media_contents/comiccareer.html

簡単に言えば、今、マンガ家として食べている人が、
どういう経路を辿って、マンガ家になったかを、
データとしてまとめたものである。

見るとわかるのだが、
専門学校やコンテスト(受賞ではなく応募)、アシスタントよりも、
編集部への持ち込み経験者が、圧倒的に多い。
要するに、具体的行動を起こすことと、
(ソフト側ではなく)メディア側の人間に営業することが、
もっとも大事だということなのだと思う。

これは、全てのジャンルに言えることとして、
一般化していいかはわからないが、一つの参考にはなるだろう。
さて、演劇界のキャリアパスはいかに?
posted by 鈴木厚人 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/693965

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。