2004年09月28日

新球団への提言 -面白さの合意形成-

宮城球場は天然芝なのか?
もし、そうでないのならば、
ライブドアと楽天が天然芝を導入することを強く望む。

さて、天然芝を導入することは何を意味するのか?
ライブドアと楽天が、天然芝の球場を携えて、
新規参入するということは、面白い野球とは何かの提案であり、
観客との面白さの合意形成のチャンスだと、私は思う。

つまり、すごいダイビングキャッチのある野球が、
すごいスライディングのある野球が、
場外ホームランのある野球が、
面白い、そのことの提案にダイレクトになる。

テレビ中継、さらに言えば、放映権のための、ドームの野球ではなく、
グラウンド整備、さらに言えば、管理コスト削減のための、人工芝の野球ではなく、
時には風が吹き、時には雨が降り、時には太陽が目に入り落球する、
そんな野球が面白い、ということの合意形成。

さて、演劇において、私は、もしくは、私達は、
観客と面白さの合意形成をしているのだろうか?
posted by 鈴木厚人 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 演劇マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/686260

この記事へのトラックバック

ライブドア勝利への秘策 
Excerpt: 我らがほりえもんことライブドア堀江社長は、27日朝にフジ系「とくダネ」に出演した。楽天の電撃発表より5日経ち、ようやく落ち着きを取り戻したようである。26日の間にこれからの戦略を練り直していたのかもし..
Weblog: ??⊂´⌒ミ゚Д゚彡つ
Tracked: 2004-09-28 02:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。