2005年09月09日

今週と来週の劇団印象 vol.6

・今週の劇団印象

今週から、12月の公演に向けて、準備が始まりました。
やはり、ワークショップというか、稽古は大事ですね。
たとえ、悲劇ではなく、コメディーでも、コントでも、ファルスでも、
台本を書くという行為は、内に内に向かっていく作業なので、
大袈裟に言えば、自分の精神の闇に引きずり込まれそうになるんですが、
実際に、他人と接することができる、稽古というのは、
内に向いたウズマキを、外に向けて巻き直す作業で、
なんだろう、僕にとっては、現実を取り戻す作業ですね。
まあ、大袈裟に言えばですが。

書く時は、イノセンスなモノを描き出したいと思います。
言葉にするのは、難しいのですが、
ピュアで無垢で、汚れていない魂というか、
なにか、そういうもの。
ただ、そういうものって、
観念上はピュアでイノセンスかもしれないけど、
本当に、ピュアでイノセンスであり続けるのか、
という問題がある。
そうじゃなくて、物理的には、人間は汗もかくし、クソもするし、
精神的には、くだらないことで、嫉妬し、みたいな、
何か、ノイズ、イノセンスであることを否定するノイズを、
他人と関わることで、きちんと引き受けたいと思うのです。
わかりにくい文章だなあ。まあ、いいや。


・来週の劇団印象

今週もワークショップやります。

日時:2005年9月12日(月) 13:00〜17:00
場所:神田のどこか


・今週の読書

村上春樹の「サリンジャー戦記」、
ポール・オースターの「オーギー・レンのクリスマスストーリー」、
などを読みました。
posted by 鈴木厚人 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の劇団印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6740997

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。