2005年06月21日

空白・一行レビュー より転載

劇団員の最所から、
えんげきのページの一行レビューhttp://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgiに、
「空白」の感想が載っていたよ、とメールをもらったので、見てみました。

-----

6/17-6/19「空白(そらしろ)」(劇団印象)@江古田ストアハウス
★★★  06/18 初見。悪意のない嘘と早とちりの勘違いが生み出す恋愛コメディだが、レイ・クーニーふうのドタバタをやや控えめにしたところがいい。離れた場所にいる二人が電話で会話をしながら、舞台上で激しく火花を散らす場面も面白い。 (ヨシンバ)

-----

レイ・クーニーって、加藤健一事務所がやっている芝居の劇作家ですね。
だから、ストアハウスの方から、加藤健一の話が出たのか。
カトケンって言ってたから、加藤茶と志村けんのことかと思ってた。
略語って難しい。

印象の芝居の感想がこのページに載るのは、まだ2回目です。
次の公演では、たくさん酷評が載るくらいになればいいなあ。

ちなみに、
「穴鍵」の時に載ったレビューを保存してあるエントリーはこちら。
http://inzou.seesaa.net/article/1130232.html
posted by 鈴木厚人 at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 印象のNEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。わざわざ一行レビューの書き込みを取り上げてくれてアリガト。実はここのブログを見てて、芝居のほうにも興味がわいたので見に行きました。どんな芝居を作るのかまるで知らなかったのだけど、今回みたいなエンタメ系の芝居だったのはちょっと意外でした。なんとなくシリアス路線だと思っていたので。予定が立て込まないかぎり、次回も行くので期待してます。ちなみに、江古田には加藤健一事務所のアトリエがあるんだよね。線路の向こう側だけど。
Posted by ヨシンバ at 2005年06月21日 19:09
>ヨシンバ さん

コメントありがとうございます。
今までは、笑いやギャグはありましたが、シリアス路線でした。エンタメというかハッピーエンドははじめてです。

今回、普段、演劇を見ないお客さんからは、すごい評判が良かったのですが、演劇フリークの方にはすごい評判が悪かったです。それについては、エントリーをあらためて書きます。ただ、レイ・クーニーを知っている方に、それなりに楽しんでもらえたようであれば、ちょっと良かったなあと思います。

どうもありがとうございました。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年06月22日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4498336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。