2005年04月19日

伝え方のバリエーション

4月18日

正しいとか、間違っているとか、と違う次元で、
伝えるということは、とても難しい。
どうすればきれいに歩けるか、ということを伝えるにしても、
「きれいに歩いて」で伝わる人もいるし、
「腰が上下に揺れないように意識して」で伝わる人もいるし、
「踏み出す時に、後ろ側の足に体重を残して」で伝わる人もいる。
口で言うのではなく、絵に描いて説明したほうがわかる場合もあるし、
実際に、演じて見せたほうがいい場合もある。

東京から大阪まで飛行機で行ってもいいし、
新幹線で行ってもいいし、船で行ってもいいし、
目的地が同じでも、径路は様々なのだ。
もっといい演出家になるために、
伝え方のバリエーションを増やしたい。
posted by 鈴木厚人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3036642

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。