2005年03月26日

この記事へのコメント
一行レビューにこれ求められてもねぇ。やれやれ。
Posted by 李 at 2005年03月26日 22:53
>李さん

喧嘩売ってくれるねえ。
まあ、語るべき言葉がない馬鹿は、
無理にコメントしなくてもいいので、
黙ってネットサーフィンしててください。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月27日 00:51
うぁ、本音言っちゃった!自分は馬鹿じゃないって心底信じちゃってる大馬鹿発見!
Posted by at 2005年03月27日 01:24
だから語るべき言葉がない馬鹿は、
コメントしなくていいの。
日本語わからない?

まあ、馬鹿という言葉を使えば、
こういう風に反応する馬鹿がいるのは、
よくわかってるんでいいんですけど。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月27日 10:09
久しぶり、って誰だか判らないだろうけど・・・。
早く印象も評価されるといいね。

馬鹿相手にしないで、そっちを頑張りなさいよ。
もう鈴木君はいつまでもブログ番長なんだから、岡田さんはきっと一行レビューなんかはなから相手にしてないよ。
岡田さんのブログ読めばわかるように、表現そのものに自信があればブログで吼えなくてもいいのよ。

ニートの映画評論ブログみたいなことやってないで、早く自分がそういう土俵に上がれるようになりなさい。今のあなたは何かとても惨めです。
Posted by 820 at 2005年03月27日 10:17
ブログってやり方次第で、
すごく反応を集められるし、
宣伝ツールとして、
すごく効果があったから、
ついつい時間を使っちゃうんだけど、
確かに今の俺は、
そこに時間というリソースを使う必要ないね。

とりあえず、
一ヶ月このブログは休止します。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月27日 10:26
そう、まずは舞台!
そのために会社辞めたんでしょ?
やめて何年?この4月から1年は重要な時期じゃないの?

早く一行レビューで叩かれるような存在になってください。
他人の劇団なんか関係ないよ。
あなたが来年の岸田戯曲賞とって、他の誰かの評価の対象にもなっていないような小さな劇団のブログでこういうこと議論が行われるようになればいいだけでしょ!

どっちになりたいの?
馬鹿はどっち?

はい、頑張れ。期待してますよ。
Posted by 820 at 2005年03月27日 10:37
それから、書き忘れたけれど、あなたが舞台で相手にしてゆくお客はどういう人なの?

相対化できてる人?
やれやれなただの観客?

岡田さんの芝居は多分万人受けしないだろうし、岡田さんも実はある種の知的階級層にチヤホヤされることが嬉しい人だと思うけれど、鈴木君もそうなのかな?

お芝居や自分の表現を理解されたいの?
お芝居や自分の表現で観客を感動させたいの?

一番の馬鹿は誰か?もう一度考えてみるといい。
Posted by 820 at 2005年03月27日 13:04
こんにちは。時々楽しく拝見していましたよ。
このエントリーでの鈴木さんの発言には少々がっかりです。以前あなたは

>意図はともかく薄汚いって言葉を、自分のホームページで使える政治家の品性を疑いたい

と書いていましたよね。自分の顧客や演劇関係者が見ているブログでその客に向かって「馬鹿」という言葉を平気で使える品性を疑います。

確かに挑発された感もあるけれど、「馬鹿」という言葉を率先して使っているのは鈴木さん、あなですよ。

何にそんなに反応してしまっているんでしょうか?

自分が面白いと感じたユニットを一行レビューの書き手がけなしていて、しかもそいつらがあまりにも馬鹿だからそんなヤツらはもの言うな!と思っていたところへ馬鹿が馬鹿なコメントをしてきたから反応してしまったのですか?

鈴木さんの創った芝居を2本観ました。
平気で客を馬鹿呼ばわり出来るほどの作品では全くなかったです。

結局、あなたはこのブログで何をしたいんですか?

馬鹿な客の追い出し?

ブログを再開する時にはプロテクトをかけて、ある種の知的階級層だけを会員にすればよいと思います。それなら腹も立たないでしょうし。

私は馬鹿なので鈴木さんの芝居の客には不向きなんだと悟りました。

もう行きませんので安心して下さい。

印象の今後のご活躍をお祈りしています。
Posted by 馬鹿な観客 at 2005年03月27日 17:09
ほらね、だから言ったでしょ?
いろんな人が見ていて、鈴木君に失望してるよ。

以前の地方演劇にいいものなんかないのときは静観していたけど、あの時は観たこともない地方演劇を馬鹿にして、それで鈴木君は今回は一般客は好き嫌いでしか判断しない馬鹿って言ったんだよ。

何でそうなっちゃうのかな?

あなたが『横浜演劇ブログ番長』ってSFCの関係者のあいだで言われているのを聞いて、鈴木君はそんなつもりじゃないんだろうけど気をつけなくちゃぁと影で心配していたら、やっぱりこういうことになった。


実力が伴ってから物言わないと、もう大学生じゃないんだからね、ひとりの演劇人としてメンバーも抱えているんでしょ?学生劇団気分のままでいすぎだよ。
卒業して何年?そろそろ本当に卒業しないと石神さんなんかは充分厳しい世界で勝負してるよ。


あなたが思っているほどお客さんも世間も馬鹿じゃないんだよ。
一番の馬鹿は誰かきちんと考えなさい。
Posted by 820 at 2005年03月27日 17:37
このブログで何をしたいのか?と問われれば、
"追い出し"ではなく、"引き出し"ですよ。

地方演劇の時だって、
あれだけ叩かれたからこそ、
地域演劇ということが自分の中に入ってきたし、
しかも、実際に飛ぶ劇場や弘前劇場を観に行く、
動機付けにもなった。

恥ずかしいことだけど、
僕はね、基本的には頭がすごく固いんです。
だから、人とガツンガツンやらないと、
自分を変えられないわけ。
このエントリーを通して、
今度は、作り手と観客との関係について、
考えざるえなくなった。
もちろん、以前からも考えてたけど、
より考えざるえなくなった。
そういう自分の内面の変化を求めた、
挑発なんです、このブログはね。

僕にとっても、
チェルフィッチュのお芝居は面白いと思うけど、
好きな芝居じゃないのです。でも、
作り手としての誠実さを感じる芝居だった。
だから、好き嫌いは置いといた、
別の見方を提示できたら、と。
嫌いだと思ったお客に別の見方が、
提示できたらと、思っただけ。

馬鹿という言葉を使ったのは、
そのほうが、反応を引き出せると思ったから。
事実、ご覧の通りで反応はいいわけさ。
ただ、確かに、品性を疑うような、
度を越すものだったかもしれない。
でも、コミュニケーションの一つなんです。

認められるようになってから物を言ったって、
そんなの意味ないわけでしょ?
たとえ、間違っていても、
声に出して言ってみて、
大声で訂正されながら、
自分自身が変わっていくことに、
興味があるんです。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月27日 22:01
いよ!ブログ番長!噂どおり!

芝居はつまらないし、仲間は劇団にいつかない、いつまでも先輩気取り!評判悪いっすよ。

さすがブログ番長!ブログだけでは天下一!
Posted by SFC現役 at 2005年03月27日 22:35
いいじゃん、
ブログ番長ってネーミング。
いただきます!
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月28日 00:05
いえてる〜!評判悪いよね、確かに。

あんなつまんない芝居しか創れないヤツが言うことだけは一人前なんだからさ。

自分つーもんが分かってないんだよね。人の芝居の評論なんかどうだっていいじゃん。それよか自分の芝居どーにかしろよって話。

裸の王様だな。

もう少しお勉強してからものを言ってもらわんと
SFCの恥だからさ。頼みますよ。評判落とさないでよ。

馬鹿ってさぁ……。自分は何様?っつーの。

ま、本人、盛り上がって大喜びみたいなんでいいんだけどね。

あんまり喜ばせてもなんなんでこの辺で。
Posted by SFC現役2 at 2005年03月28日 00:16
劇団を背負ってる以上、その発言は自分だけ
のものではなく劇団員も関わってくるという
ことを忘れちゃいませんか?

あなたを信じて所属してくれているメンバー
のことをもう少し考えてあげないと。

主宰が公の場で発言したことは劇団の総意だと
受け取られがちだということを。

劇団のカラーを決めてしまいかねないということを。

それとも劇団員はあなたにとって単なる駒でしかないのかな?
Posted by 劇団員の友人 at 2005年03月28日 00:50
過去の団員の人から悪い評判聞いてますよ。
理屈ばっかりで、独裁で、1年で会社辞めた割には広告業界野郎で、実は小心者って。

僕もその人からチケット買わされたけど、すごいつまらない芝居でした。その人も離れていきましたね。劇団の責任者としてあらゆる部分がゆるすぎ。

ブログ番長とか裸の王様という噂はよく聞いていましたが、ここまで恥とは。ある意味すごい。
大学で現役生や新入生に声かけたりするのやめて下さいね、先輩!
Posted by SFC現役3 at 2005年03月28日 06:13
同じIPで名前を変えてまで、
誹謗中傷したいわけ?

前回の幸服でのチケットの販売ルートは、
俺も含めて、6人のみ。
その誰も、印象を辞めてないんですけど?
どういうこと?
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月28日 09:25
敵が多いんだなぁ。

もうこんな不毛な言い合いやめましょうよ。

鈴木さんも新しいエントリー書くとかして
早くこれ閉じたら?

見るに堪えない。

Posted by AN at 2005年03月28日 23:44
本当に敵が多いんですね。
驚いちゃった。

確かに、途中からすごく不毛な言い合いになっちゃったけど、得るものや反省すべき点は多々あったのは、良かったな。

やはり、まずは舞台。
それが叩かれたオオモトなわけで、
次の台本を集中して書きたいし、
いろいろ出演交渉しなきゃいけないし、
専属の制作の人も探したいし、
ということで、
一ヶ月ぐらい、ブログの更新は休みます。
簡単な引用はするかもしれないですが。

では。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年03月29日 07:48
まだ大学にしばらく留まることになりそうなので、来たら遠慮なく声かけて下さい。
Posted by しがない現役 at 2005年03月30日 02:57
あら。あららららららららら。
Posted by さいしょ at 2005年03月30日 04:12
>嫌いだと思ったお客に別の味方が提示
 できたらと思っただけ。

おいおい、客を馬鹿呼ばわりしてもかい?

提示というより、押しつけでしょう。
持論に余程の自信がない限りああも
断言できないよね。

正しい観かたはこれしかないというような。

持論に普遍性があるって信じて疑わない
おこがましさ。

相対化とはよく言ったもんだ。

多様な観かた、感じ方があっていい、と
思えない許容の狭さ。

客を教育してやろうと言わんばかりの
驕り。

創り手側が、しかも駄作ばかりを量産している
創り手がこれやっちゃうと滑稽極まりない。

イエスマンばかり周りに置いて甘やかされて
るのかね、この人。

誰か正直に言ってやらないと。本当の事を。


>自分のホームページで、それは多くの
 有権者に対するメッセージになるわけで、
 ある意味、ラブレターのようなもんでしょ?

過去、自分が書いていたことをよく考えて
みたらいい。

恥ずかしいとは思わないか?最近の自分の
驕りが。
Posted by 普通の観客です。 at 2005年03月30日 23:33
見たのは嘘月ですが、なにか?
Posted by SFC現役3 at 2005年03月31日 05:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログ大事件
Excerpt: 久しぶりに演出の鈴木君が開設している劇団のホームページを見てみたら、ものすごい荒れようだった。 コメントが19もついてて、僕としてはうらやましいかぎりなのだけど、どうやらみんな(?)鈴木君の書いた文章..
Weblog: デイドリームをつかまえて
Tracked: 2005-03-30 04:18

反芻の反省
Excerpt: 劇団印象のぶろぐで、フレーミングが起こってしまった。 劇団印象「ゾウの猿芝居」 "ポスト*労苦の終わり"の美味しい食べ方 "ポスト*労苦の終わり"の美味しい食べ方2 事の次第は最所がわ..
Weblog: びーぶろぐ?
Tracked: 2005-03-31 18:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。