2006年06月06日

インタビューというものをされる。

昨日、稽古前に、インタビューというものを受けた。
インタビューをする方の経験は結構あるが、
される方は、ほとんどない。ほぼ、初インタビューだ。
60分も話したけれども、文字になるのは、
だいぶ、圧縮されたものなんだろうね。
あのインタビューの中で、どこが残り、どこが消されるのか、
そこが個人的に楽しみである。

雑談で、売文についての話があった。
インタビュアーの北嶋孝さんは、元共同通信の記者で、
仕事柄、劇作家に雑文の依頼をしたりするらしいのだが、
ある劇作家は、そういう仕事は売文と割り切って、
80点ぐらいの、やりやすい文章を仕上げてくるという話。
120点を目指すのは、やはり劇作だという話。
ただし、その劇作家と、
いつも120点を目指した仕事をするのは、
非常にしんどいじゃないかとも、言っていた。
posted by 鈴木厚人 at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事ができたら見せてね♪
Posted by サトコ(小) at 2006年06月06日 21:39
見せます。見せます。
Posted by あつと at 2006年06月07日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。