2006年03月31日

亀田興毅について

人並みにミーハーな僕の耳に、
亀田三兄弟という人たちの名前がよく入ってくる。
最近知り合った人に、二人ほどボクサーがいるからだ。

kameda.jpg

彼らが薦めるので、最近の興毅の試合と、
大毅の試合を、一つずつ見たが、
なんとも言えない昂揚感を感じた。
これから世に出ようとしている若者の背中に、
観客たちが乗り遅れないように駆け込んでいる、
そんな勢いがあった。

知人のボクサー二人のプロとしての実力を僕は知らない。
ただ、僕には、自分が、格闘技などを志したことがないので、
その筋の、ボクシング内輪話がとても面白い。

その話の一つに、
亀田興毅が、まだ日本人と対戦したことがないのは、
おかしいのではないか?というのがあった。
戦績を見ると、たしかにタイ人との対戦が多い。
もしかすると、と話は続いた。

疑惑が真実か否かはどうでもいい。
この手のやっかみが聞こえてくるほど、
僕は亀田三兄弟というのを、どうにも見続けたくなる。
そういうものである。
posted by 鈴木厚人 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

5/5亀田興毅世界前哨戦の結果は?|ボクシング亀田三兄弟長男
Excerpt: 5月5日に行われる「亀田興毅 世界前哨戦・最終章」の予想をお願いします。予想することでより一層面白く観戦できます。予想倍率の都合上、亀田興毅のKO選択肢は7ラウンドを区切りとします。報道等は参考データ..
Weblog: Ike_rc941@eBet
Tracked: 2006-04-10 12:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。