2005年01月05日

ハウルの動く城 -恋愛好きと女好きの違い-

スタジオジブリの最新作「ハウルの動く城」を、
遅まきながら観に行った。
いたるところで不評を聞いていたので、
あまり期待しないで、観に行ったのだが、
私は面白いと思った。映画として見たら。

では、恋愛の教科書として見てみたらどうだろう?
この映画は、まずもって、冒険活劇であり、
第二に、ラブストーリーである。
冒険活劇の部分は申し分ない。すごく好き。
でも、恋愛部分は、はっきり言って、すごくダメである。
なぜか?

その前に、キムタク、キムタクぽくない!
知らずに見たら、気づかないと思う。
ゆえに、オッケーです!

さて、閑話休題。
宮崎駿の映画を、
恋愛映画として観る人はあまりいないと思うけど、
恋愛の描き方に、ほとほとあきれてしまう。
断言しよう。宮崎駿は女好きじゃない!
これは、恋愛好きの人が描いた映画である。

恋愛好きと女好き(男好き)の違いとは何か?
恋愛好きとは、恋愛そのものを好きな人、
ロマンチックな関係に酔っていて、
出会いは、全て運命の出会いでないと気がすまない。
ロミオさんが、この症状である。
一見、素晴らしいように思えるけど、
恋愛が好きなわけであって、特定の誰かを好きなわけではない、
ゆえに、相手は入れ替えが可能である。
(事実、ロミオはジュリエットを好きになる前に、
 ロザラインという女を好きになっている)

女(男)好きは、女(男)そのものを好きな人、
相手が入れ替え可能であることは同様だけど、
それを認識した上で、関係性の構築を前提に恋愛をする。
要するに、運命の出会い・人はありえないなら、
たまたま出会った相手と、
量的かつ質的な時間の蓄積に価値を置こうという姿勢である。
あなたが特別だと言えるのは、
あなたが運命の人だからではなく、
共に過ごした多くの時間によって支えられた関係性ゆえになのだ、
という態度である。
だから、試行錯誤するし、試行錯誤の末に、二人の関係が特別になる。
時には、特別にならないこともあるから挫折しながら、
恋愛を繰り返すのである。

ハウルとソフィの関係は、前者であり、
え、君達が運命の出会いだって決まってたんだね、とがっかりである。
つーか、ハヤオ!60過ぎて、ロマンチックに過ぎませんか?
現代人が、人を愛するってさあ、そんな単純じゃないと思うんだ。
それなりにお洒落で、それなりにいいレストラン知っていて、
それなりに会話が面白くて、それなりにデートを演出してくれて、
でも、そんな男、それなりにたくさんいて、
じゃあ、どうすんの?ってそういう話でしょ。

つーか、
女がそれなり以上を求めてこない時の絶望って、感じたことないんすかね?
結局、役割ね。そういう役割の人欲しいのね、みたいなさ。
まあ、ハウルは、魔法も使えるし、鳥にも獣にもなれるからな。
別にいいか。
posted by 鈴木厚人 at 03:55| Comment(4) | TrackBack(8) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございましたm(._.*)m
こちらからもTBさせて頂きます☆

記事とても面白かったです。
ハウルのレビューで全然違う観点から書いた記事を読むのは、はじめてで驚きました。
僕は恋愛好きと女好きの両方を上手くとり入れたいです!!
って、欲張りですかねww
Posted by at 2005年01月06日 13:05
>操 さん

コメントとトラックバックありがとうございます。

恋愛好きと女好きの両方を上手くとり入れるのは、欲張りです。どちらか一つにしましょう。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年01月07日 13:50
初めて読んだんですけど、面白かったです(><)
Posted by チョコレート at 2006年01月12日 09:44
>チョコレート さん

ありがとうございます!!
そういえば、今年の夏は、
ジブリの新作やるらしいですね。

監督が息子ってのは、どうなんでしょう?
楽しみです。
Posted by 鈴木厚人 at 2006年01月12日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1480457

この記事へのトラックバック

ハウルの動く城
Excerpt:  宮崎アニメの世界観が健在だったのがうれしい。街並や戦争の雰囲気からすると第2次世界大戦中のイタリア、フランスが想像できるが、しっかりと魔法使いが存在し、国は全て王国であるという無国籍ワールド。  ..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-01-06 10:21

ハウルの動く城
Excerpt: ↑ クリック オフィシャルサイト 監督・脚本 :宮崎駿 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 音楽: 久石譲 声優:倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 ■あらすじ 18歳の帽子屋を継ぐ少女ソフ..
Weblog: happy-go-lucky
Tracked: 2005-01-06 13:07

ハウルの動く城 ★★
Excerpt: ハウルの動く城 サウンドトラック「スチーム城もとい『ハウルの動く城』を観てきた」などと、使い古された出だしで失礼。突然のエンディング、終息にかなり戸惑ってしまった。萌えが足りないのか、感情移入がうまく..
Weblog: 切腹!
Tracked: 2005-01-08 04:08

「ハウルの動く城」
Excerpt: 今さら・・・いやいや200億稼ぐには公開二ヶ月でも全快で・・・ というわけで、時間があったので見てきちゃいました。 平日20:10からのレイトショウなので1200円。 350名収容のスクリーンにスキス..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-01-19 01:40

ハウルの動く城
Excerpt: 年末年始だというのに3日連続で映画に行ってしまいました。 今回は宮崎駿アニメの「ハウルの動く城」。元々ジブリの作品は好きでしたし、大人気のようなので、やっぱり見ておかねば、ということで見ました。..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-05-12 18:54

ハウルの動く城 今年の225本目
Excerpt: ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-11-17 18:52

宮崎駿とジブリの世界
Excerpt: 宮崎駿作品、スタジオ・ジブリの作品とグッズについて徹底紹介するサイトです。無料レポート【映画の心理秘術「風の谷のナウシカ」に学ぶ 心の優しい子供に育てる心理秘術】配布中。
Weblog: 宮崎駿とジブリの世界
Tracked: 2006-01-28 17:12

ハウルの動く城
Excerpt: 2004年 監督:宮崎駿 「ハウルの動く城」(★★★☆☆) 兵隊さんがソフィーをナンパするのに、 「子ネズミちゃん」はないでしょw 地味なソフィーに対して、妹はお人形かマネキンみたいね..
Weblog: 新・ぴゅあの部屋
Tracked: 2006-07-23 04:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。