2006年02月03日

THE 有頂天ホテル

役者の最所に、映画のレビューを書く時に、
ネタバレにもっと気をつかえと怒られました。
まあ、レビューというのは、主従関係ですからね。
チェ・ジュウじゃないですよ。主従ですよ。
やっぱり、映画あってのレビューということで、
これからは、気をつかうようにします。

さて、三谷幸喜の「THE 有頂天ホテル」見てきました。

うちのおとんが、

映画としては いまいち の感じだった。
テレビの延長で、 感動が浅く、ちょいとがっかりだった。

と、メールをくれたんですが、
僕は、面白かったですね。
まあ、感動はないですよ。でもその瞬間は、面白い。
それでいいじゃないですか。

全ての映画に、深い感動を求めなくてもね。
日本の映画だと、僕は、岩井俊二がダントツで好きですが、
そういう意味では、岩井映画は、そこまで笑えないぜ!

あれだけたくさんの≪舞台俳優≫の競演が見れるだけでも、
俺はすごいと思うなあ。
僕は、浅野和之がすごーく好きだから、いやあ、よかったよ。
posted by 鈴木厚人 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12697472

この記事へのトラックバック

THE 有頂天ホテル
Excerpt: ●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-02-03 23:11

【映画】THE有頂天ホテル
Excerpt: THE有頂天ホテル」オリジナル・サウンドトラック三谷幸喜監・脚本の映画「THE有頂天ホテル」を観た。大晦日をむかえるホテル「ホテルアバンティ」宿泊客には政治家、大富豪、学者、コールガール、大物演歌歌手..
Weblog: RentedHouse
Tracked: 2006-02-06 02:35

THE 有頂天ホテル [<a href="http://www.uchoten.com/" target="_blank">Link</a>]
Excerpt: 新年の古畑は良い宣伝になったようで満員御礼。劇場外には行列。 それに見合う豪華な...
Weblog: sakana no makimono
Tracked: 2006-02-08 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。