2006年01月30日

ミラー・パズル

友人の誕生日プレゼントを探してる最中に、
ミラー・パズルという不思議なパズルを発見。
ある仕掛けによって、手前側と、鏡に映っているものが、
別の画になっている。仕掛けはしごく単純。

この構造を使えば、画を、例えば、
手前側に、首までしか写っていない女の写真、
鏡の向こう側に、その首から上の写真とレイアウトして、
照明のON/OFFで浮かび上がらせるなんてこともできる、かも?

mirror.jpg

他にも、対立する二つの顔を、鏡を挟んで同時に見せたり、
いろいろ応用がききそうだ。ただし、
下表面をギザギザに加工しなきゃいけないから、役者は動きにくい。

その話を、たまたま、たすくに話すと、
ホログラムの原理だとか、言っていたので、
ホログラムの原理を、ネットで調べてみたが、全然違った。
いい加減なものである。
posted by 鈴木厚人 at 13:50| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ははは、いい加減なものであるなあ。
Posted by uSi at 2006年01月30日 23:43
でも、そのおかげで
ホログラムの原理が勉強できた。
あれはね、立体写真なんだよ。

俺が、読んだページ。
http://www.jomon.ne.jp/~artnow/course/course.html
Posted by 厚人 at 2006年01月30日 23:49
賢治から問い合わせがあったので。

渋谷のロフトで見つけました。
Posted by 厚人 at 2006年01月31日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。