2006年01月25日

ライブドアとホリエモンの陰で岸田國士戯曲賞

世の中、ライブドア騒動で、盛り上がってますが、その陰で、
演劇の脚本の新人賞でもっとも権威のある賞である、
一応、「演劇界の芥川賞」とも言われている、
岸田國士戯曲賞が、決まったみたいです。

http://www.hakusuisha.co.jp/current/kishida_senkou.html

僕は、たまたま、受賞作の一つの公演を観ていて、
その時の感想をのっけておきます。

「愛の渦」について
http://inzou.seesaa.net/article/3180263.html

ノミネート作品の岩崎正裕「音楽劇 JAPANESE IDIOT」は、
Green DayのAmerican Idiotを下敷きにしたものでしょうか?
もしそうなら、これも読んでみたいですね。
posted by 鈴木厚人 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12229147

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。