2006年01月09日

エターナル・サンシャインとトゥルーマン・ショー

「エターナル・サンシャイン」を見ました。
劇場で見れなくて、DVDの発売日に衝動買いして見たのが、11月。
自分の公演で、テンパってたせいか、
全然面白くなかった印象を持っていたのですが、
今回、2度目の鑑賞では、
涙が出るくらい感動してしまいました。

前回は複雑なストーリーが全く理解できなかったんだけど、
余裕のある精神状態で見ると、
とても、わかりやすく描かれていて、
俺は、何を見ていたんだという感じ。
とにかく、とても面白い、只者ではない映画でした。
だから、DVD買っちゃって、今更、満足です。

その勢いで、「トゥルーマン・ショー」も見ちゃいました。
こちらも、2度目です。
一人の人間の一生を番組にするって、
よーく考えると、とても面白い発想ですよね。
昔、おたくで有名なジブリの宮崎駿が、
一人の女の子を、生まれてから1日1枚写真を撮り続けて、
一生分を、コマ撮りアニメにしたいって言ってたけど(かなり変態だな)、
やっぱり、人の人生を覗き見たいってのは、
人間の大きな欲望の一つなんでしょうね。

加えて、ジム・キャリーは最高でした。
たしか、「トゥルーマン・ショー」は、
アカデミー賞で、いろんな部門でノミネートされていたのに、
ジム・キャリーだけは、ノミネートされてなくて、
でも、アカデミー賞には、プレゼンターとして出席して、
自分が、ノミネートされていなかったのをジョークにしていた、
そんなことを思い出しました。
posted by 鈴木厚人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エターナル・サンシャイン その5
Excerpt: 最高(泣)!
Weblog: tosiブロ 物欲優等生
Tracked: 2006-01-16 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。