2005年12月26日

走れ、笑い飯! -M1グランプリは生が好き?-

僕は、笑い飯が好きです。
2002年のM1で、彼らは走って登場しました。
名前を呼ばれ、出てくると、彼らは、なぜかマイクの元へ走ったんです。
一回戦も決勝戦も、走って出てきたんです。
その走る笑い飯は、なんだかとてもかわいくて、
(DVDが出ているので、機会があったら確認してみてください。走ってますから)
ネタも印象的だったけど、ネタ前の疾走、
なんだかとても部活ぽい、マイクに向かうあの疾走が、
僕は、好きで好きで、僕にとっての笑い飯は、いつも、
"走れ、笑い飯!"なのです。

残念ながら、2003年からの笑い飯は、
マイクに向かって走って出てくるということはしてません。
ただ、今年も、下駄箱のネタがあったり、
ネタのくだらなさが、なんとなく部活ぽい気もしませんか?

さてさて、今年は、M1グランプリを、堪能しました。
僕も、ひいきの"笑い飯"より、
"ブラックマヨネーズ"のほうが面白かったと思ったけど、
もし、決勝戦の順番が違ったら、結果も違ったのではと思えるほど、
流れの笑いを感じました。
麒麟、笑い飯、と、ややシュールな笑いが続いて、観客が、
スタンダードで、オーソドックスな"ブラックマヨネーズ"を、
見たくなった、迎え入れたくなった空気を感じました。
そして、"ブラックマヨネーズ"は、その空気をバッチリ掴んで、
最高のパフォーマンスをしたように見えました。
M1グランプリは、テレビだけど、生放送?(ウラとってねえや)
その、とてもライブぽい臨場感に驚かされました。、
テレビにこの臨場感、やられちゃまずいなあと思いながらね。

見終わって、不思議な気持ちになったのは、
"笑い飯"は、絶対ではないけど、
優勝を逃したがゆえに、来年もM1で見れる可能性が高いということ。
そして、"ブラックマヨネーズ"は、面白かったけど、
優勝してしまったがゆえに、もう来年はM1で見れないということです。
そんなこと言ったって、チャンスはそう何度も来るわけじゃないけど、
M1という自分達が輝ける場所で、
幸運にも一回しか出れなかったコンビと、
不本意ながら、何度も出ることができているコンビと、
芸人としてはどっちがいいのだろうと、思わずにはいられませんでした。

P.S.
それにしても、
一般の視聴者にとっては、笑い飯とブラックマヨネーズ、
どっちが面白かったんだろう? まさか、麒麟か?
posted by 鈴木厚人 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(1) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回、M-1つながりでTBさせていただきます。
今年は際立った優勝候補がいないためか
あまり期待してなかったのですが
優勝したブラックマヨネーズはすごかったし
笑い飯も去年とは違って、面白かったですね。
麒麟も一発目はおもしろかっただけに
決勝はひと工夫ほしかった。
品庄やチュートリアルもおもしろかったし
かなり堪能できた大会でしたね。
来年からのブラックマヨネーズの活躍に
かなり期待ですね。
Posted by HILOVINSON at 2005年12月27日 00:24
>HILOVINSON

コメントありがとうございます。
僕は、南海キャンディーズが、
イマイチだったのが、悲しかったなあ。

スポーツ新聞を読んだんですが、
ブラックマヨネーズは、
同じレベルの8本のネタから、
厳選した2本だったらしく、
見せてないネタも相当面白いみたいですよ。
Posted by 鈴木厚人 at 2005年12月27日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

M-1の覇者はブラックマヨネーズ。
Excerpt:                                            私は小さな頃からのお笑い好き。もちろんM-1は毎年欠かさず見ています。                   幼稚園..
Weblog: 好きです!J-POP
Tracked: 2005-12-27 01:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。