2006年07月12日

友霊日記 その11(小さな声で感情を乗せる)

感情を入れる、感情を乗せる、という要求をした時に、
やっぱり、大きな声を出して、
それを表現しようとする役者が多いけど、
それこそ下手な役者の象徴である。

それは、自分が感情を入れたつもりになってるだけだ。
感情を乗せた気になってるだけだ。
お客は、それだけじゃ、引き込まれない。

小さな声で、きちんと感情を乗せる、
それが、技術だと思う。
技術というのは、そういう小さなとこに現れるのだ。
posted by 鈴木厚人 at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。