2006年07月03日

友霊日記 その9(大きな悲しみと小さな喜び)

女優の一人が、脚本について、
弟が死んだことをこんなに悲しがってるのに、
その直後に、ちょっと嬉しいことがあったからって、
こんなにウキウキし出すのは、不自然じゃないですか?
と言いやがる。

ケッと思いながらも、反論できず、
「うん、ちょっと、考えてくるよ」とお茶を濁す。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。