2006年06月21日

友霊日記 その7(幽霊が怖いという矛盾)

真夜中の品川・大崎を散歩する。
川沿いをずーっと歩いていたら、お墓があった。
途端に怖くなった。

だが、ちょっと待って。
怖いというのは、矛盾している。

幽霊が出たとして、その幽霊に襲われたとして、
仮に殺されたとしても、死後の世界は保障される。
少なくとも死んだ後、幽霊にはなれそうなんだから、
なんの心配もないじゃないか。

そう、なんの心配もないのに、やっぱりお墓は怖い。
幽霊が出たら、もっと怖い。矛盾している。
posted by 鈴木厚人 at 10:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。