2006年02月03日

THE 有頂天ホテル

役者の最所に、映画のレビューを書く時に、
ネタバレにもっと気をつかえと怒られました。
まあ、レビューというのは、主従関係ですからね。
チェ・ジュウじゃないですよ。主従ですよ。
やっぱり、映画あってのレビューということで、
これからは、気をつかうようにします。

さて、三谷幸喜の「THE 有頂天ホテル」見てきました。

うちのおとんが、

映画としては いまいち の感じだった。
テレビの延長で、 感動が浅く、ちょいとがっかりだった。

と、メールをくれたんですが、
僕は、面白かったですね。
まあ、感動はないですよ。でもその瞬間は、面白い。
それでいいじゃないですか。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。