2006年01月16日

人間関係ショートカット症候群

鳥の眼・蟻の眼・象の鼻 vol.5
「人間関係ショートカット症候群」

2006年の1月も半分を過ぎて、
今年の目標なるものを立てたいと思う。
その名も、"人間関係ショートカット症候群"をやめる。
読んで字の如く、人間関係におけるもろもろを、
ショートカットしようとする悪癖をやめたいのである。
これは、現代の若者に顕著である。
なぜなら、携帯電話が悪い。今更ながら携帯電話批判だ。

日本語には「急がば回れ」という有名な日本語がある。
これは、人間関係にも言える。
私が高校時代の頃、学園祭でナンパすると、
もれなく女子高生の自宅の電話番号がもらえた。
携帯電話の普及率は、まだわずかだったから、
連絡先は、ありがたいことに相手の自宅だったのだ。
当然、女の子の自宅には、その家族が生息している。
四人家族なら、ご両親様が出る確率は50%。
そして、天気予報は50%でも、大抵、雨が降るものである。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。