2005年12月22日

ノーマンズ・ランド -アンチ三谷幸喜的コメディー-

あれだけ物語の流れが、
登場人物たちの和解へと向かっているのに、
結局、最後は殺し合って、メインのキャラ2人が死んでしまう、
そこがいい。


と、ある友人に言われ、見ました。「ノーマンズ・ランド」。
ちょっと前なんだけどね。いやあ、面白かった。
いわゆる1シチュエーション・コメディーで、
だから比較しちゃうんだけど、アンチ三谷主義?を感じた。
以下参照:笑の大学とイラク人質問題
http://inzou.seesaa.net/article/934502.html


続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。