2005年12月14日

女性の下着はいかにしてブラジャーになったか?

アーキテクチャ概論 vol.1

アーキテクチャとは、何かを説明したいと思っています。
別に聞きたくねえよというみなさんも、読んでください。
説明したいものは、したいので。

話は、飛んで、200年前。
女性の下着は(おそらく貴族階級の女性ですが)、
重さが、少なくとも、3キログラムはあったそうです。
当時は、重ね着重ね着で、たくさん着ていたんですね。
また、今と常識観が違い、
人前で肌を見せるなんて!という絶対のタブーもあって、
女性の下着は、重く、しかも、厳重なものだったわけです。

それが、なぜ、200年かけて、段々と軽く動きやすいもの、
今の、プラジャーやパンティーのようなものになっていったかというと、
なぜだと思います?
ヒントは、室内の温度が関係しています。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。