2005年08月31日

観客を1000人集めるためにすべきこと その1

久し振りに驚いた。
「10年後、あなたは演劇、続けていますか?」
http://www.unit-duo.net/duo_seminar/ams02.html
この言葉には、ビックリさ!
10年後、演劇?続けてねー。やばいね。
つーか、10年後、続けてるって、すぐ言える人、
あまーい、あまいよ、小沢さん!

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

芝居と演劇の違いとは何か?

鳥の眼・蟻の眼・象の鼻 vol.3
「芝居と演劇の違いとは何か?」

言葉というものは、不思議なもので、
同じような意味でも、
ニュアンスが微妙に違うということは多い。
そういう言葉の、ズレ、というか、差異を考えていくのが、
僕はとても好きだ。
今日は、芝居と演劇について。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

今週と来週の劇団印象 vol.4

・来週の劇団印象

来週ではないですが、
9月5日の13時から、ワークショップをやります。
テアトルフォンテでやったような、
演劇をやったことのない人に向けたものではなく、
次の公演のために、物語を作るためのワークショップをやります。
その名も、「ライヴドア」。全員参加形式、見学禁止です。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の劇団印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

今週と来週の劇団印象 vol.3

・今週の劇団印象

AAPA公演が終了しました。

作品についてじゃなくて恐縮ですが、
福島さんという照明の方の、
非常に面白いパーソナリティーが印象的でした。
スターウォーズ好きに、
女性が少ないことを嘆いてらっしゃっていて、
最所と加藤とスターウォーズで張り合っていたのが、
とても可笑しかったです。


続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の劇団印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

「空白」ビデオ 先着8名様!送料含め全て無料プレゼント!!

およそ2名のお客様から、
大変評判が良かった第四回公演「空白」の、
公演収録ビデオのほうをもらえないか、
というお問合わせがありましたので、
急遽、先着10名様に、ですから、後8名様に、
送料を含めて、無料でプレゼント致します。
しかも、ノーカットでご提供いたします。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 印象のNEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

テアトルフォンテのワークショップ その5(吹原幸太篇)

ポップンマッシュルームチキン野郎の吹原幸太氏が、
自身のサイトで、先日のテアトルフォンテのワークショップについて、
ちょっとだけ感想を書いてます。もしよかったら、Check it out!
http://happy.ap.teacup.com/siawase-siawase/143.html
posted by 鈴木厚人 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

今週と来週の劇団印象 vol.2

・今週の劇団印象

今週は、AAPA公演のお知らせをしたいので、
このコーナーを水曜日に繰り上げます。

テアトルフォンテのワークショップを、
昨日やってきました。実感したのは、
参加者を楽しませるワークショップと、
創作のための出会いと発見のワークショップは、
なかなか両立が難しいということ。
コメントにもあったように、
子供と有意義に遊ぶのがメインになってしまいましたね。
もちろん、その中で発見したものもわずかながらにあったので、
今後に活かしていきたいです。でも、子供は面白かった!
それから、少ないながらも、他劇団からの参加者が何人かいて、
つながりができたのは、大きなプラスでした。
印象の本公演にも出演してもらったりと、
うまーく交流していけたらなあと思います。
そうだ。変なおじさんと変なおばさんも参加してきたんだ。
それも書きたいなあ。機会があれば、まとめます。


続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の劇団印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

出会わなきゃ系サイト

鳥の眼・蟻の眼・象の鼻 vol.2
「出会わなきゃ系サイト」

今さらではあるが、出会い系サイトのDMがすごい。
毎日来る。うざいほどに。
大量の出会いメールをデリートする度に思う。
このストレスは何なのかと。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 08:41| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

今週と来週の劇団印象 vol.1

・今週の読書

村上春樹の「翻訳夜話」、星新一の「盗賊会社」、
斉藤憐の「上海バンスキング」、野田秀樹の「カノン」、
三島由紀夫の「若きサムライのために」、などを読みました。

一番、面白かったのは、「翻訳夜話」かな。
自分の小説を書くことと、他人の小説を翻訳すること、
他人に自分の小説を翻訳されることの"違い"を、
村上春樹が自ら語っていて、それは、演劇で言えば、
自分の脚本を書くこと、自分の脚本を演出すること、
他人に自分の脚本を演出されることに通じるなあと思いました。
そんなわけで、ハルキスト以外の演劇関係者にも是非おすすめ。


続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 10:04| Comment(11) | TrackBack(0) | 今週の劇団印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

セックス・アンド・ザ・シティ演劇

教授と生徒の漫才エッセイ vol.1
「セックス・アンド・ザ・シティ演劇」

教授「8月になっていよいよ夏本番だね」
生徒「西川口はいつでも本番ですけどね」
教授「いきなり下ネタかよ!しかも、関東の男しかわからないだろ!」
生徒「いや、教授、今日の本題に関係があるんです」
教授「どう関係があるんだよ?」
生徒「セックス・アンド・ザ・シティって知りませんか?」
教授「知ってるよ。3年ぐらい前から、日本の若い女性の間で共感を呼んでるアメリカのドラマで、あけすけにオーガズムについて語ったりするんだろ?」
生徒「まさに、ドラマとしてイキすぎてるんです」
教授「それが言いたかっただけかよ!」
生徒「海外なんで、むしろキテるドラマなんですけどね」
教授「くだらねえよ!」

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

北朝鮮と思想を伝える演劇

鳥の眼・蟻の眼・象の鼻 vol.1
「北朝鮮と思想を伝える演劇」

最近、演劇で思想を伝えられるか?ということをよく考えている。
もっと、簡素に言えば、観客にテーマを伝えられるか?
ということなのだけど、
自分の芝居に関しては、もう答えは出ていて、
面白い芝居で、かつ哲学的な思想を伝える演劇を、僕は作れない。
その才能はない。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 03:25| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。