2005年06月24日

「隣りの男」について

ハリウッド映画のロマンティックコメディーは、
一言で言えば、"Boy Meets Girl"コメディーだと思う。
男と女が出会う、
どんな男とどんな女がどう出会い、どう恋していくか、
「ローマの休日」も「恋人たちの予感」も、
ハリウッドが作ってきた恋愛映画は、大概、この構造を持っていた。
わかりやすくいえば、始まりがあって、終わりがある構造である。

続きを読む
posted by 鈴木厚人 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。